陰と陽のサンキャッチャー

9月も半ばに入り、ようやくエアコンなしでも涼しく過ごせるような気持ちの良い日が続いています。

コロナ生活もすっかり当たり前のようになっているけれど、世の中の皆さんはどんな生活をしているのでしょうか。

うちは私も夫もほとんど在宅生活なもので、なんだか夏休みが延々と続いているようなのんびりした平和な日々。

そんな中、サンキャッチャーのネットショップオープンに向けてコツコツと準備を進めています。

ちょっと珍しい装飾パーツを仕入れたりもして、昨日は久しぶりにロングサンキャッチャーを制作してみました。

太極図が描かれた真鍮製の八卦型パーツを真ん中に配置し、陰と陽の世界をサンキャッチャーで表現してみました。

陰の方には濃いブルーのガラス玉、陽の方には大玉の水晶を組み入れてみました。

数年前に購入してから一度も使ったことがなかった黒のワイヤーを使用してみたら、醸し出す空気がぐっと締まった感じに。

デザインはいたってシンプルですが、太陽の光に晒すと生み出される色彩がとても美しいです。

この宇宙に存在するものは全て二極に分かれていて、光も闇もどちらか一方だけでは存在できません。

どちらかが良くてどちらかが悪いという物の見方は、反対の立場から見ると真逆だったりするわけで、結局は人間が勝手に自分の価値観で決めつけているにすぎません。

「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」

世界的に蔓延している今のコロナウィルスも、人類の大きな流れから見たら闇ではなく光の前触れなのかもしれない。

なんとなくそんな気がしています。

こちらは家の書斎に飾っている夕暮れ時のサンキャッチャー。

明日も平和な一日になりますように。。。