2020年初外出は自由が丘へ

明けましておめでとうございます。

毎年お正月はのんびり過ごすのがお決まりなんだけど、今年はベルギーのブリュッセルから帰国している友人と会う約束があり、年明け早々自由が丘へ。

前に一度行ったことのあるイタリアンレストラン「GONZO」に行きました。

このお店、料理が本当においしくて店内の雰囲気も良いのでお気に入りです。

三が日は閉まっているお店が多い中、2日から営業してくれていてありがたい。

まずは前菜。

きのこと自家製パンチェッタのサラダと白レバーのクロスティーニをオーダー。

最初のサラダからもう美味しすぎる・・・

この白レバーのペーストが激ウマで、パンが止まらずおかわりを3回くらいしてしまった。

もちろんワインもクイクイと進むわけで・・・

メインは私は自家製ボロネーゼのラザニア、お肉が苦手な友人は牡蠣と長ネギのペペロンチーノを選択。

牡蠣だったらベルギーで幾らでも食べられるだろうから珍しくもないでしょ?って思ったんだけど、向こうではこんな風に火を通して食べる習慣がないんだとか。

なんかもう何を食べてもおいしすぎて、お酒が進みまくる。

追加でチーズの盛り合わせもオーダーしてみたり。

手前の赤いのはイタリアのワインの王様と言われている赤ワイン「バローロ」のしぼりカスに漬け込んだものらしい。

バローロは私が一番好きなワイン。なんて贅沢な使い方。

さんざん飲んで食べてほろ酔い気分で、お互いかなりお腹いっぱいだったけど、これだけ料理がおいしければデザートも絶対おいしいよねぇ。。。って話になり。

勢いで頼んじゃいました。

私の大好きなティラミス。そりゃもうこれ、おいしいに決まってます。

味見をした友人も、ベルギーで食べるティラミスよりおいしいと。

そしてこちらは、見た目からは想像つかないけど特製モンブラン。

中が5層になっていて栗もちゃんと入ってます。

もう外側のメレンゲみたいなのがふわっふわで、こんなの食べたことない~と友人は大絶賛。

今回一緒に食事をした友人(男)は昔ドイツで働いていた時の同僚で、去年ベルギーで一緒に暮らしてるパートナーと同性婚をしたのですが、自分たちの生活ぶりなんかをブログで発信しています。

ベルギーは同性婚が法律で認められていて、配偶者控除みたいな制度もあるらしく、LGBTの人たちにとってはだいぶ暮らしやすいみたいです。

日本ではまだまだその辺は理解も法の制度も遅れていて、カミングアウトできずに暮らさなければならない人たちがたくさんいるんだとか。

そうゆう人たちのためにも友人はブログで発信しているようです。

そのブログに載せる写真用にと今回なぜか容量一杯の自分のスマホの代わりに私のスマホで写真を撮りまくり(笑)、一緒にいる私はちょっとだけ恥ずかしかったけど、おかげで美味しい料理の記録ができて感謝。

このあとはお店を出て中目黒に場所を移し、話題の「STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO」へと。

この続きは次のブログで。