誕生日

誕生日

昨日は私の誕生日でした。

思いのほかいろんな方からおめでとうのメッセージをいただき、本当に感謝です。

毎年恒例で、夫が花束とケーキを買ってきてくれて、ケーキの上の名前が書かれたプレートにはニャンコのイラストが。

夫がケーキ屋さんにお願いして書いてもらったそうです。なんかかわいい♡

花束に反応してさっそくうちのムゥちゃんもやってきてクンクン・・・したかと思いきや、次の瞬間にはパクリ!と。

猫はやっぱり食べちゃうのでリビングとかその辺に飾るわけにはいかず、仕方なく玄関の台の上に置くことに。

横浜に引っ越してきてから、毎年誕生日は実家の両親も一緒にみんなでお祝いするようになっていたんだけど、今年は父がいなくて母と夫の3人だけでやることに。

実は父は先月下旬に2回目のコロナワクチンを接種し、その後1週間ほどして肺の状態が急激に悪化してしまい、現在は入院中です。

間質性肺炎という難病指定の病気になってしまい、大量のステロイドによる治療を受けています。

この病気は肺の内部にある肺胞の壁が厚くなり、酸素と二酸化炭素のガス交換がしにくくなっていき、呼吸困難などの症状を起こすのですが、新型コロナ感染した人が重症化する際もこの間質性肺炎の状態になるそうです。

コロナに感染しないよう接種したワクチンで、感染した時と同じ状態になってしまったという本当に笑えない話です。

どんなに止めても聞き入れてくれなかった父ですが、こうなってしまうともっとちゃんと伝えればよかった・・・と悔やまれます。

まわりの友人たちも同調圧力に負けてどんどん接種していくし、いろいろ伝えたところで打つ人は打つので、もう自己責任でやってもらうしかないのかなと半ば私も諦めつつあるけど、やっぱり虚しさみたいなものを感じています。

名前は「ワクチン」とついているけど、これまでのワクチンとは中身がまったく異なる体内の遺伝子の書き換えをするもので、今も治験中の新薬であるということを理解して接種してる人が果たしてどれだけいるのか。。。

現在、爆発的に感染者数が増えているのもPCR検査数自体が増えているせいもあり、偽陽性もかなり含まれているだろうと私は思っています。あと、ワクチン接種したことによる陽性反応も相当数あるのではと。

PCR検査は偽陽性が出やすく正確性に欠くものであり、今は亡き開発した本人もこの検査を感染症検査には使うべきではないとはっきり言ってるんですけどね。

いつまで経ってもこのやり方で検査をやり続けるのが不思議で仕方ない。

父に関しては仲間のセラピストさんの助けも借りて、毎日遠隔でエネルギーを送り、血管内にこびりついてると思われるコロナワクチンのスパイク蛋白の解毒も試みています。

その効果もあってか、幸い順調に回復に向かっており、私も家族もとりあえずほっとしています。

入院前の説明では入院中に亡くなることもあるとはっきり言われていたので、一時はどうしようもなく不安でした。

誕生日というめでたい話題の中でこんな話をするのもなんですが、ワクチン接種についてまだ迷っている方のためにも、少しでも真剣に考えるきっかけになればと思ってお伝えしました。

最後は、動き回るムゥちゃんとなんとか無理やり一緒に撮った写真♪