オステオパシーを受けに銀座へ

オステオパシーを受けに銀座へ

オステオパシーという施術を受けに銀座に行ってきました。

そもそもオステオパシーって言葉、聞いたことがある人はどのくらいいるんだろう。

アメリカ発祥の歴史ある手技療法で、身体全体を一つと捉えて器官や組織などをごくごく弱い刺激で調整していくそうです。

アロパシー(現代医学でもある対症療法)とかホメオパシーとか似たような言葉があって頭の中でごっちゃになってたけど、最近やっと区別できるようになりました。

オステオパシーは身体がもともと持っている自然治癒力を引き出し、その結果、健康に導いていくという施術方法なので、私が今行っているエネルギー整体と共通する部分があります。

外傷や骨折以外のすべての症状に対応できるそう。

骨や筋肉の勉強をもっとしていきたいと思い、ネットで色々調べていたらこの「オステオパシー」が目に留まり、その中でとても気になる治療家の先生を見つけました。

その方のブログを読ませていただいていたら、世の中から痛みや苦しみや辛い思いをしている人をなくしたいと、自分の命をかけて真剣に取り組んでこられている様子が伝わってきて胸を打たれてしまいました。

私もそんな風に心の中で思ってはいるものの、まだまだ何もできていないと感じていて、こんな風に真っすぐに自分の信じる道を歩き続けている方は本当にすごいなぁと思います。

この人の施術を受けてみたい!と直感的に思ったのだけど、すぐに影響を受けてしまう性格なので、あえて一旦そこから離れることにして何日かやり過ごしていました。

でも、数日経ってもやっぱりその治療家の先生が頭から離れない。

とにかく気になって気になって仕方がない。。。

これはもう会いに行くしかない!と思い立ち、電話で施術の予約をして、さっそく治療院がある銀座まで行ってきました。

ちょうど右膝の痛みがずっと治らなくて気になってもいたので。

銀座に行くのはかれこれ数年振りでした。

以前と違って街を歩いている人がとても少なくてびっくり。

何よりコロナで外国人観光客がまったくいなくなっていて、一時期の人が凄かった頃と比べるとかなり落ち着いた雰囲気。

いつもはたくさんの人で賑わっている歌舞伎座の前もひっそりしていて、近くの交差点も人はまばら。

空きテナントなんかもちらほら見受けられて、コロナの影響ででやむなく店じまいをしたところもたくさんあるんだろうなぁ…

飲食店だけじゃなく、外国人観光客向けのお土産屋さんなんかも閉まっていました。

銀座という場所は魅力的だけど、こうなった時のダメージは大きいですね。

誰もまさかこんな事態になるなんて予想できなかっただろうけど。。。

個人的には人混みが大の苦手なので、少し落ち着いたこのくらいの街の雰囲気の方が好きですけどね。

で、肝心のオステオパシーの施術体験談は、長くなりそうなので次回のブログにて。