思い出の街へ

思い出の街へ

10月もそろそろ終盤にさしかかる先週末。

13年ほど前、まだ結婚したばかりの頃に購入した我が家の愛車をとうとう手放すことになり、最後のお別れの日に車を買った当時住んでいた思い出の地へドライブしてきました。

私たち夫婦は結婚前それぞれ都内で一人暮らしをしていたのですが、一緒に暮らすことになり最初に移り住んだのが千葉県市川市の妙典という街でした。

東西線沿線のとてものどかな綺麗な街。

久しぶりに訪れたけど以前と変わらずやっぱりのどか~

当時、私はまだ都内の会社でOL生活をしていたので、毎日の通勤がなるべく楽な場所をと思い、始発電車があるこの駅に決めたのですが、千葉方面は縁もゆかりもなく初めて住む場所だったので最初はかなり不安でした。

都会と違って夜とかすごい静かだし、飲んだくれて深夜帰っても駅にタクシーいないし、なんだか遠いところに来てしまったなぁ・・・とちょっと寂しく感じたことを思い出します(笑)

でも、住んでみたらとても気持ちの良い素敵な場所で、家のすぐ近くに流れている江戸川沿いを夫と二人でよく散歩しました。

河川敷は人も少なく穴場で、友達と一緒にBBQなんかもちょくちょくやっていましたが、最近は有名なスポットになってしまったらしく釣り人もだいぶ増えていました。

私たちが住んでいた当初、建設が始まったばかりの河川上の橋もいつの間にか完成していて、以前は大回りして渡っていた対岸の街にも最短距離で行けるようになっていたり。

そして今回訪れた一番の目的、夫婦でよく通った地元のラーメン屋「華風伝(かふうでん)」へと向かいます。

ここの担々麺が濃厚でコクがあってめちゃくちゃ美味い。普段ラーメンをそれほど食べない私もかなりハマっていました。

そして、この街の物件を決めた時に最初に不動産屋さんから教えてもらった絶品の杏仁豆腐。

久しぶり過ぎて次にいつ来られるか分からなかったので、これ以外にチャーハンと餃子も頼み、二人ですべて平らげました。

かなりのボリュームだったけど、美味しいとなぜかお腹に入るから不思議。

思い出の街を満喫した後は、日も暮れてきたので夕日を見ながら自宅に向けて最後のドライブを楽しみました。

住んでいた当時の事をいろいろ思い出し、若かりし頃の自分たちを思い出し、なんだかちょっとセンチメンタルな気分にもなり(笑)、大切にしてきた愛車とも最後のお別れをしました。

運転しない私よりも夫の方が思い入れが強く、しょっちゅう手入れもして綺麗に乗っていたので、最後はだいぶシュンとしてました…

11月中には新車が来る予定なので、今度こそ自分も運転できるようにと先日教習コースを予約し、今からドキドキしています。

今までと違い最新機能満載のハイテク車なので、なんとか頑張って乗りこなせるようになりたいと思います。