猫の気持ちが知りたい②

猫の気持ちが知りたい②

前のブログの続きです。

ふたたび何十年ぶりかで大好きな猫を飼えることになり、今度は実家の猫の時のように後悔しないようにと、毎日ブラッシングしたり遊んであげたり精一杯お世話しています。

私達には子供がいないので、まるで我が子のように可愛がって母性ホルモン出まくりです(笑)

犬とかは子供の頃に嚙まれたことがあったりもして正直ちょっと苦手だし、他の動物もそんなにすごい好きってわけではないのに、自分はなんでこんなに猫だけは好きなんだろう??って不思議に思うくらい猫好きな私。

きっと過去生で深い関りがあったんじゃないかなぁって気がします。

以前、アカシックリーディングができる占い師の方に見てもらったら、いつだかの過去生で私は傷ついた動物たちを癒していたと言われました。

他にも巫女、神官、ネイティブアメリカンだった過去生など、言われるのはだいたい神とのつながりが深いスピリチュアルな存在ばかり。

まぁ、今もそっち系のことを仕事としてやっているくらいなので、そうなのかなぁって感じはしてるけど。

今飼ってる猫は「シャルトリュー」という猫種で、元々はフランスの修道院でネズミ捕りとして飼われていた歴史があるそう。

もしかしたら修道女か何かだった時の過去生でご縁があったのかなぁなんて。

そんなわけで、今世も私は動物(特に猫)を癒したいという気持ちがとても強くあります。

たまにやってる遠隔ヒーリングでもペットにやって欲しいとの依頼を受けることがあるのだけど、こちらからエネルギーを送ることはできても、向こうからのメッセージをはっきり読み取るところまではなかなか難しいので、そうゆうのがもっとできるようになれたらなと思っていました。

そんな中、「アニマルコミュニケーション」という動物の気持ちを読み取れるようになるスキルを学ぶ講座というものを見つけてしまい、実は少し前に申し込んで講座を受けに行ってきました。

エネルギー整体で既にキネシオロジー(筋反射)で原因を特定する技術を習得しているし、体の方の勉強も継続していかなければならない中、わざわざ新たに動物の方の勉強まで踏み込んでしまってもいいのかなぁとちょっと迷いもしたけど、最後は「やっぱりやりたい」という自分の直感に従って「えい!」って一歩を踏み出しました。

それに気持ちが分かるようになったら、この子ともっとコミュニケーションが取れるようになって幸せだろうなって思ったので♡

講座当日の朝、家を出て駅の改札でICカードをタッチしたら、なんと残額が「1111円」でした。

「おぉー、エンジェルナンバー、これはすごい!」と幸先の良さそうなスタートに内心喜んで電車に乗ったら、今度は車内の液晶パネルのニュースに前日のコロナの感染者数が「1111人」というのが目に入ってきました。(あまり良い情報でもないけど・・)

2回連続で「1111」を見るってことは3回目もあるかもなーなんて期待しながら電車を降りて、エスカレーターを使わずに数えながら階段を上ったものの「111段」にはならず(笑)、さすがに3回も続かないか・・・と教室に着いて、何気なくスマホを見たら、時刻がちょうど「11:11」でした。

これは間違いなく、そっち方面に進んで良いとの祝福の合図だと確信。

こうゆうシンクロ現象は以前にもあって、分かりやすくはっきりとやってきます。

そんなわけで、まだまだ始めたばかりですが、動物とのコミュニケーション能力もこれからもっと高めていきたいと思っています。

ムゥちゃん待っててね♪