看板を出さない理由

看板を出さない理由

自宅サロンを始めてから今年で4年目になりますが、家の外に看板などは一切出していません。

なので、ご近所の誰一人として、ここでこんな風に整体やワークショップをやっていることは知らないと思います。

なぜ看板を出さないのかというのには私なりの理由があって、決して周りに知られたくないとか、隠れ家っぽくしたいとかではありません。

敢えて一言でいうならば、「本当に必要としてる人に来てもらいたいから」です。

特にエネルギー整体に関しては、巷にはリラクゼーションサロンやらマッサージ、整体と溢れかえっており、立地的にも駅前などの便利な場所にあったりしてふらっと行きやすいお店もたくさんあると思います。

そんな中で、わざわざこちらのホームページを見つけて案内を読み、予約して来て下さる方は、自分にとって必要なものだと直感的に感じたから選んで下さっていると思うのです。

普通に考えれば、表に看板を出した方が通りすがりの人がふらっと見つけて来てくれるかもしれないし、そこから口コミで広まってお客さんが増えるかもしれません。

エネルギー整体は初回半額なのでお得だし、試しにちょっと受けてもいいかなと思う人が出てくるかもしれません。

でも、はっきり言って私はあまりそうゆう営業スタイルにはしたくないのです。

誰でも来られるようにオープンにしてしまうと、単なる興味本位の人やどこでも良かったけどたまたま近くにあったから行ってみようというようなお客さんが当然のごとく出てくると思うのです。

私はそんなに器用ではないので、どんな人が来てもうまく対応できる自信はないし、エネルギー整体に関しては、真剣さが感じられない人に対してはこちらも100パーセントの状態で施術に臨むことができるかどうか分かりません。

サンキャッチャーのワークショップも興味のある人なら誰でもウェルカムな感じで地域密着型にすることもできたけど、自分自身が大人数が苦手で落ち着いた空間が好きなもので、同じような人達向けにマンツーマンか3人までの少人数制で受付ける事にしました。

見方によっては私の勝手なエゴに思われるかもしれないけど、そうゆう理由から敢えて看板は出さずに、ホームページを見つけて下さった方に選んで来てもらえるようなスタイルにしています。

その分、こちらのホームページではなるべく自分の素の部分を出すようにしているというか、どんな人がやってるどんな雰囲気のサロンなのかが伝わるように心がけています。

実際、いらっしゃるお客さまのほとんどの方が私のブログを読んで下さり、わざわざ遠方から来られる方もけっこう多いです。

看板を出していないので近所というのはないにしても、同じエリアのお客さんですらあまりいなくて、少し離れたところから来て下さる方がほとんどです。

それだけ本当に必要とされてる人が見つけて来てくれてるんだなと感じます。

そんなわけで、毎回ご縁の繋がった方とお会いできるたびに、選んで下さってありがとうという気持ちで接しています。

今回なぜこんな内容をブログに書いたかというと、最近お客さまの中に、残念ながらモラルが低いと思わざるを得ないような方がいらっしゃいました。

詳しい内容はここでは書けませんが、そのことで私はしばらくモヤモヤしていたので、一度きちんと自分のスタイルを整理しながら書いてみることにしました。

私がやっているエネルギー整体は不調を抱えて悩んでいる方を治すためのものであって、継続的に受けていただくことで症状を改善させていくものです。

特に問題がない方や、他人任せの方、自分自身を深く知りたいわけでもない方が一度受けに来たところで、おそらく大きな変化は起きないと思います。

多分なんだかよく分からないまま終わってしまうと思います。

初回はカウンセリングに時間を要するので、通常価格よりも高めに設定しているところも多いですが、私は敢えて半額にしました。

知り合いの整体師さんからは、価格を安くしすぎると本気度が低い人も来ちゃうのでやめた方がいいとアドバイスされましたが、興味を持って下さった方が金額を理由に施術を諦めてしまうのはもったいないと思い、まずは気軽に体験してもらえる価格に設定しました。

その代わり、施術を受けられた後の感想を後日必ず送ってもらうことを条件にさせていただいています。私自身の勉強のためでもあります。

(※ちなみに、ご本人の承諾を得られた場合のみ、エネルギー整体ページの感想欄に載せさせてもらっています。)

そのお約束を今回のお客さまは守られませんでした。連絡をしても返信が来ることはなく、とても残念な気持ちです。

現代医療ではどうにもならず本当に苦しんでいる方や、日常的に抱えている問題を解決したいと願っている方のお役に立ちたいと思って、私は今も日々勉強を続けています。

最近では遠隔での施術(ヒーリング)も時々依頼されるようになり、対面の時と変わらない効果を感じてもらえるようにもなりました。

まだまだ学ぶことはたくさんありますが、常に自分がやれる最善のことをしていきたいと思っています。

この思い、伝わる方には伝わると信じて書いてみました。

最後まで長々とお読みいただき、ありがとうございます。