Blue Lotusのエネルギー整体について

Blue Lotusのエネルギー整体について

症状を起こしている真の原因を見つけ、自然治癒力を最大限に引き出していきます

人間の体には自分で自分を治そうとする自然治癒力というものがありますが、この自然治癒力を最大限に発揮させるためにはまずは体内の環境を整えなければなりません。

私たちの体には、暑い時には汗をかいて体温を下げ、寒い時には体を震えさせて体温を上げるという風に、常に体を一定の状態に保とうとするホメオスタシス(恒常性)というものがあります。

風邪を引いた時に病原体を排除するために発熱したり、咳や鼻水で外に出そうとしたりするのもホメオスタシスによって免疫機能が働いているためです。

この、体を一定の状態に保つホメオスタシスが何らかの原因によりうまく働かなくなり、自然治癒力が発揮できなくなると、いわゆる病気や不調という形で体や心の状態に現れてきます。

この何らかの原因(あえて赤字で大きくしましたが)というのがカギで、これを見つけて取り除かない限り、いつまで経っても体は元の状態には戻らないということになります。

現代医学では痛みがあれば痛みをやわらげる、咳や鼻水が出ていればそれらを出なくする薬を出すというような症状のみにアプローチする対症療法が中心ですが、症状というのは体からのサインなので、そこをおさえたところで不調を起こすことになっている本当の原因は残ったままです。

これでは本当の意味での健康状態とは言えません。

大元の原因を取り除かない限り、身体はいつまでも同じことを繰り返して訴えてくるので、そのたびに症状を抑え込むことをしていてもイタチごっこになってしまいます。

Blue Lotusのエネルギー整体では、体に現れている症状のみに目を向けることはしません。

症状が出ている真の原因を見つけ、それらを取り除き、自然治癒力を最大限に引き出していくことを目的としています。

 

不調を起こす原因となるものとは?

普段私たちは、生きていく上で食事や睡眠を取り、生活のために仕事や家事などをこなし、空いた時間にテレビやスマホ、パソコンを見たり、趣味をしたりと毎日色々なものに接しながら生活しています。

上の図のように、人の健康を害するものにはありとあらゆる要因があり、普段体に取り入れているものや接しているものだけでなく、知らないうちに外から入ってきてしまうものなど、見えないレベルでの影響というのも少なからずあるのです。

不調の原因となるのは、いわゆる生活習慣や体の構造的なもの(ゆがみなど)だけではなく、例えば普段使っている化粧品やシャンプー、歯磨き粉、洗剤、薬やサプリ、それ以外にもチャクラバランスの乱れや霊障、過去生などのエネルギー的な問題、精神的なトラウマ、対人関係、電磁波の影響など色々なものが考えられます。

数え上げたらキリがないくらいありますが、病院で見てもらってもはっきりした原因が分からず、何年も同じ症状で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

エネルギー整体では、キネシオロジー(筋肉反射)テストという方法を用いて何が原因となって不調が起きているのかを特定していきます。一つの原因を見つけたら、そのつど仮説を立てながら取り除いていきます。

例えば、腰痛で苦しんでいる人がいたとして、病院や整骨院などで診てもらうと痛みそのものを取り除く治療、もしくは姿勢の歪みがあるということで骨の矯正をしたりします。

それによってその時は体が楽になるかもしれませんが、しばらく経つとまた前と同じように腰が痛くなったりします。

なぜそうなるのかというと、そもそもこの方の腰が痛くなった大元の原因は他のところにあって、それを取り除くことができていないからです。

腰が痛くなっているのは内臓の位置が下垂しているために腰とリンクしている筋肉(筋膜)や神経が影響を受けているせいかもしれないし、精神的なストレスや幼少期のトラウマ(インナーチャイルド)が原因で姿勢が不自然に歪んでしまったためかもしれません。

内臓の問題ならまずは対象となる臓器の調整が必要だし、精神的な影響の場合は、どのような感情が内部にあるのかを探り、そこをリリース(解放)しなければなりません。

原因は一つとは限らないので、一つ取り除くとさらにその下に隠されていた新たな問題が出てきたりもします。

それを一つずつ対応しながら調整していくため、人によっては(特に慢性疾患の場合などは)改善するまである程度の時間が必要になってきます。

 

量子力学をベースとしたエネルギーによる施術

ここからはちょっとエネルギーの本質の話になりますが、そもそもエネルギーっていったい何でしょう?

人の目には見えないもので、「周波数」「波動」なんかもエネルギーを表すものですが、はっきりと見ることができないので、実際にあるのかどうかちょっと怪しい感じがしますよね。

電気がついたり、ラジオから音が聞こえたり、テレビやスマホから出ている電磁波も全て見えないエネルギーによるものですが、こうゆう日常的に使われているものに関しては、私たちは当たり前のこととして受け入れることができます。

実はそれと同じように、ヒーリングや体の調整に使われるエネルギーも見えないけれど確実に存在していて、しかもこちらに関しては人の「意識」に呼応して働くという特性があります。

意識をすることで、エネルギーは時空を超えて届く

こうゆう言い方をすると途端にスピリチュアル感が増すというか、エネルギーには実体がないのですぐには信じられないかもしれませんが、近年研究が進んでいる量子力学では、このことは既に証明されています。

「二重スリットの実験」という量子力学では有名な実験があって、二つのスリットに向けて光の素粒子を発射すると、その先の壁面には複数の縞模様が浮かびます。二つのスリットを通り抜けているのだから、素粒子が物質なら2本の線として浮かびそうな気がしますが、なぜか波(エネルギー)の状態でしか現れないはずの縞模様になってしまう。

そこで、なぜそうなるのかと観測をしようとすると、今度はなんと2本の線が浮かび上がる結果になるそうです。

この実験は何回やっても同じ結果で、要するにエネルギーは人が意識した時と意識していない時で形が変化するということを証明しています。

よく聞く身近なものだと、「引き寄せの法則」がまさにこの意識を使ってエネルギーをコントロールし、欲しいものを手に入れるという分かりやすい例ではないでしょうか。

エネルギー整体も、このエネルギーの特質を生かして不調がある箇所に対してピンポイントでアプローチしながら調整していきます。

 

ヒーラー体質の自分がエネルギー整体を学んで得たこと

以前から私は、手の平にビリビリとした波動を感じる体質で、その能力を使って身近な人たちに体全体の癒し(ヒーリング)をしてきました。

体のある特定の場所に手をかざすと感覚が強くはなるけど、そこが体のどの部分なのかが以前は実はよく分かってはいませんでした。お腹のあたりとか、胸のあたりとか、なんとなくのざっくりした感じでとらえていました。

それでも痛みがやわらいだり、体が楽になったりとそれなりの効果は感じてもらえていました。

しかし、今回エネルギー整体を修得するにあたって体内の仕組み(解剖生理)を勉強したところ、今までのヒーリングの時とは違って、手の平に感じている場所が内臓のどの部分なのかを推測し、頭の中で立体的にイメージしながら感覚を使うことができるようになりました。

イメージや知識、概念が入るとエネルギーはより効果的に届くという特性があり、ピンポイントでの具体的なアプローチによる体の調整ができるようになったことで、以前よりも結果が出るまでのスピードが違ってきているのを感じています。

エネルギー整体では他にも、クラニアル(頭蓋骨調整)テクニックを使い頭蓋骨から仙骨まで流れている脳脊髄液の流れを良くしたり、内臓の下垂や癒着を調整したりと、体全体の巡りを改善させながらバランスを整えていきます。

なんとなく体が重い、すっきりしないという方はこのクラニアルによる頭蓋骨や内臓の調整だけでも体の変化を感じられると思います。

施術を受けて下さった方の不調やお悩みが少しでも改善されるよう、精一杯出来る限りのことをさせていただきます。