【新メニュー】フラワーエッセンスセラピー始めました

【新メニュー】フラワーエッセンスセラピー始めました

少し前からブログに書いてきましたが、ようやく「バッチフラワーレメディ」を使ったフラワーエッセンスセラピーを始める準備が整い、このたび正式にメニューに加えました。

一昨年から通っている地元のロルフィング整体の先生からもオファーをいただき、今月から出張セラピーもやらせていただけることになりました。

トップメニューに項目を追加していますが、詳しい内容はこちらをご覧ください。

フラワーレメディ(フラワーエッセンス)はまだまだ日本では認知度が低く、知らない方もたくさんいますが、植物のエネルギーを利用して感情を癒す自然療法です。

バッチフラワーレメディを開発したイギリスのエドワード・バッチ博士は、「汝(なんじ)、自らを癒せ」との言葉を残しており、病気や不調は全て感情のバランスが乱れることで引き起こされると語っています。

彼自身、胃腸癌が原因で出血し余命3ヶ月と宣告されましたが、残りの日々を自らの研究に没頭しているうちに、いつの間にか体調が回復していったそうです。
この体験から、以前から推測していた「健康の秘訣は考え方次第である」という考えを肯定するに至ったのだとか。

今、世界中の関心が新型コロナウィルスに注がれていますが、38種類のレメディの中には感染症から体を守る作用を持つものもあります。(先日ブログでも紹介しています)

フラワーレメディは感情に働きかけるものですので、見方を変えると、同じ環境下でも感染する人とそうでない人がいるのは、その人の感情の状態が少なからず影響しているのかもしれません。

怖がりすぎず、油断しすぎず、なるべく平常心を保つようにすることが今は一番大切なのではないでしょうか。
こんな時だからこそ、バッチフラワーレメディを利用したフラワーエッセンスセラピーを受けていただけたらと思います。

ただ今、初回限定半額キャンペーン中ですので、興味がある方はぜひどうぞ。
お申込みを心からお待ちしています。