自分の体のメンテナンス

自分の体のメンテナンス

いつの間にか近所の桜もほぼ満開で、昨日は散歩がてら夫と二人でお花見してきました。

去年はコロナの影響で自粛生活の中、お花見する人もほとんどいなかったけど、今年は既に公園には子連れのママさん達がたくさん集まって盛り上がっていました。

個人的には花見は静かにのんびりしたいタイプなので、毎年、近所を歩きながら綺麗だな~と散策するだけで満足しちゃいます。

ここ最近、猫を飼い始めたことで生活スタイルが激変し、ありがたいことに予約も増えてなかなかゆっくりする時間が取れず、体がずっと休まっていない感じがしていました。

原因はよく分からないけど少し前から左肩が痛くて、そのせいなのか左側の謎の頭痛が起こるようになり、自分の体のメンテナンスの必要性を感じる今日この頃。

今やっているエネルギー整体は、人にはできても自分に対してやるというのがなかなか難しく、仲の良いセラピストさんに施術してもらったり、フラワーレメディを飲んでみたり、ホメオパシーを飲んでみたりと色々試しながら様子を見ています。

特にホメオパシーは私にはとても合うようで、つい最近飲んだSulfur(サルファー)というホメオパシーで猫アレルギーによる皮膚の痒みがだいぶ軽減しました。

サルファーは硫黄のエネルギーで、アトピーや湿疹などの皮膚疾患に適していて、このホメオパシーのテーマは「本来の人間愛に近づく」だそうです。

昔だったら、調子が悪ければ病院で診てもらう以外の選択肢は考えられなかったけど、今ではそれは最終手段というか、極力薬を使わずに自然治癒力で治す方法を模索します。

なんで今、体にこの症状が出ているんだろう…と自分なりに分析してみると、やっぱりちょっと頑張りすぎて無理しちゃったかなぁとか、ほんとはやりたくないことを嫌々やってきたなぁとか、見えてくることがあったりします。

症状は体からのメッセージなので、そこに気付かずに抑え込むことをしても、きっとそのうちまた何かしら形になって出てくるだろうと思ってます。

なーんてエラそうなこと言ってるけど、私もまだまだ自分のことはよく分かっていません(笑)

昨日はお花見の後に本屋に立ち寄り、またまた健康関連の本も買ってしまいました。

先月のブログでも書いたけど、重曹とクエン酸でほとんどの病気が治るというのを知って、つい買ってしまいました。

毎晩、お水に溶かして飲んでる重曹&クエン酸ですが、飲んだからと言って分かりやすい変化を感じるわけではないので、どんな風に身体に作用するのか詳しく知りたくなり、こちらの本が目に留まりました。

まだ前に買った本も読み終えていないのに、ついついこうゆうの見ると買ってしまいます・・・本ヲタクです。

ちなみに、重曹、クエン酸の健康法以外にも、16時間食べ物を食べないプチファスティング(断食)というのもおすすめです。

空腹状態が16時間以上になると、「オートファジー」といって細胞内の古くなったタンパク質を分解し、内側から新しい細胞を作るという細胞の修復機能がオンになるそうです。

アトピーなどの慢性的な不調で悩んでる方は、このプチファスティングで体内をリセットすることで、細胞が新しく生まれ変わり、快方に向かうかもしれません。

何日も食べない断食とは違い、睡眠時間+数時間食べないだけなので、慣れてしまえばそんなに辛くはないんじゃないかと。

こうやって書いてると、健康になるのってお金をたくさんかけなくても身近なことでできるんですよね。

世の中、あれがいいこれがいいと情報がありすぎてつい惑わされてしまうけど、体の声を聞きながら時々リセットすることで本来の体の状態に戻せるのではと思います。

本物というのはいたってシンプルです。